採用情報・求人情報

採用情報・求人情報

できたてホヤホヤの会社です!一緒に会社を作っていきましょう!!

募集要項

遠方の学生向けにネット見学が出来るようにいたしました。詳細はこちら

 

求人職種

歯科技工補助・事:正社員、契約社員、パートいずれも可

              (ご要望にできるだけ沿うようにいたします。)

②歯科技工士:正社員

③歯科技工士(新卒2018年3月卒業予定者):正社員

職務内容

①3Dスキャナー操作・模型作り、事務

⇒それ以外の時間はセラミストを目指しての職務等のご希望も相談可です。

 

②、③セラミックス技工物の製作、CADを用いたデザイン

未経験者、女性、大歓迎です。

応募条件

歯科技工士免許取得済み(③の卒業予定者は取得予定で可)

求める人材

①当社の雰囲気や考えに共感でき、一緒に働きたいと思っていただける方。

技工士を応援したいと思っている人。

技工のスキルは問いません。今年の3月に卒業した方でもOKです。

 

※スキャンと模型作りをメインに頑張っていただきますが、それ以外の業務は応募者の方とキャリアの方向性を相談して決めて行ければと思っています。面接時にご相談ください。

 

②、③やる気があり、今後の最先端歯科技工を勉強したい方をお待ちしています。

現時点での経験・スキルは不問です。

技術は入社後、丁寧に指導します。
実際に患者様にセットされて完成になりますので、現場に行けることを目標に教えます。
(当社では技工士は部屋に籠って作業をするだけでなく、クリニックとコミュニケーションをとって、現場に率先して出かけていくことを推奨しています。)

 

望ましい経験

②以下のいずれかをご経験されていること。

・硬質レジン

・保険のクラウン、ブリッジを1日10本以上製作していた

・メタルボンド

 

向いている人

○歯や技工が好きな人

 当社では患者様の健康に影響する技工物の精度については妥協しません。

 いいものが出来なければ何度でも調整しなければならないので、

 場合によっては遅くまで作業をする必要があります。

 したがって、好きでなければ務まりません。

 給与形態

①時給1,200円〜1,700円、

 月給17.5万円〜25.9万円(残業代は別途支給いたします。)

 

②月給 21万円~ 60万円

 上記には月間44時間相当の固定残業手当が含まれます。
 (44時間を超える場合は、別途支給いたします。)


ご経験、スキル等、考慮の上、基本給を決定いたします。

 

月給 21万4,500円

 上記には月間44時間相当の固定残業手当(51,200円)が含まれます。
 (44時間を超える場合は、別途支給いたします。)

 ※試用期間中(2ヵ月~6ヵ月)は固定残業手当の支給はせず、

  実残業時間分の残業手当を支給します。

 ※奨学金受給者には、「奨学金返済支援手当」が有ります。

  (実家通勤者は対象外)

 

休日・休暇

①相談して決めます。パートの場合でも前月に月単位で勤務日は決めさせていただければと思います。(正社員は②に準じます。ただし、残業無しも可能です。)

②、③週休2日制(日曜日と祝日、祝日の無い週の特定の曜日)

 

年末年始休暇:3日

年間休日:111日

+夏季休暇(年次有給休暇の計画的付与制度):3~5日

勤務時間

①ご相談下さい。1日5時間程度働ける方。週3日以上勤務可能だと嬉しいです。

 扶養控除内での対応も可能です。

②、③ 8:30~ 18:30 (昼休憩2時間)

福利厚生

社会保険・労働保険完備

(パートタイマーの場合も法規に則って加入。当然、2016年10月からの法改正も対応)

ユニフォーム支給(2着)

インフルエンザ予防接種費用負担
金属は扱わず、防塵に配慮した健康的な職場環境です。

応募方法

「お問合せ」よりご連絡ください。

選考プロセス

①書類(履歴書)審査⇒面接 (もちろん、希望者は事前に見学可能です。)

②、③技工所見学⇒採用試験(面接/実技チェック)

新卒者も特定の日時ではなく随時の試験の実施となりますので、

受験希望者はご連絡をお願いいたします。

日時の調整を行わせていただきます。

※納得いくまで何度でも見学可能です。
※応募から内定まで2週間~1ヶ月程度の期間を想定しています。
※プロセス・期間は変更となる場合あり

メンバー

出身校

新東京歯科技工士学校、新横浜歯科技工士専門学校、埼玉歯科技工士専門学校、

日本歯科大学東京短期大学歯科技工学科、横浜歯科技術専門学校、

東北大学歯学部附属歯科技工士学校

その他

詳細はお問い合わせください。

新卒採用実績 2015年 2名(この二人です)、2016年 2名(この二人です)

       2017年 4名(下の写真の4名です。)

新東京歯科技工士学校の職員さん来訪記

 

まずは見学にいらして下さい。(「お問合せ」から申し込みできます。)

※納得いくまで何度でも見学可能です。


セールスポイント

CAD・セラミックスといった今後も高く評価されるスキルをどこよりも早く身に付けることができます。

 

総合的な歯科技工所の場合、CAD・セラミックス以外の仕事が多いので数多く経験を積むことができません。当社ではCAD操作(ジルコニアクラウン・フレーム)、ポーセレン築盛、e.maxの仕事しかありませんので1年で普通の歯科技工所の数年分の経験を積めます。

分業制を取らないので、どこででも通用するスキルが身に付き、やりがいも持てます。

 

大手技工所の多くは、「模型担当」「WaxUp担当」といったように作業ごとの分業制となっています。何年も働いても中間作業、それもその技工所のやり方しか知らないので、他所で通用するスキルが身に付きません。

(転職防止が狙いという訳ではないのでしょうが・・・)

当社では、歯科医院から模型を受け取ってから製品にするまでを一人で担当していただきますので、何よりも技工士としてのやりがいがあります。

(その分責任もあります。プロとしての矜持を持って心を込めて技工物を作る必要があります。)

なお、将来的には、「ジルコニアクラウン担当」や「e.max担当」のように製品別で担当制にすることはあります。


防塵に配慮した健康的な職場環境です。

 

大型の集塵機「TCV-L1.5」(×2台)と業務用空気清浄機「パワフル光クリエールACEF12L」(×2台)で粉塵対策をしています。ちなみに、当社の床は絨毯敷きです。(白いセラミックスの汚れが目立つ黒に敢えてしています。)


おまけ:先生からの言葉

患者様へ最適な治療を提案しているクリニックは、一般的なクリニックより自費の比率が高くなります。自費の比率の高い先生は、患者様への気遣いができる先生が多いです。

そういった先生は、当然ながら、技工士に対してもお気遣いいただくことが多々あります。

中には、「患者様の声」のフィードバックの際にお褒めの言葉をかけて下さる先生もいらっしゃいます。ここでは、私たちを喜ばせてくれた、そんな先生からの言葉を紹介させていただきます。

私たちは、こんな風にドクターとお付き合いさせていただいてる歯科技工所です。


おまけ:椅子の話

一日中座り仕事の歯科技工士にとって、椅子の座り心地は生産性や疲労に大きく影響します。

椅子というのはピンからキリまであって、高いものは何十万円もしますが、今は人間工学に則った座り心地の良いものが数万円程度で安く手に入ります。

 

それにもかかわらず、最安のまるで昭和の時代のような椅子(パイプいすとか論外)を使用しているのであれば、コストを最優先にしているという事です。

歯科技工所(オーナー)の思想はどんなに繕っても細部に表出してしまいます。

 

ちなみに当社の技工士用の椅子は、「イトーキ joyten TRチェア」です。

その他の各作業用(築盛やCAD等)の椅子はもっと安い物を使用しています。

(なお、技工机は一般の事務机です。技工専用の机はこの業界にありがちですが、とても高価です。(海外製などは数十万円もしたりします。)

ただし、机の高さは技工がしやすいように事務机より高くなっています。

当社では、下に台を置くことで通常の事務机より10㎝高い80㎝にしています。)

 

※2016年より、joytenのチェアが販売終了となってしまったため、

中央可鍛工業 スコルド(SKOLD)」となっております。

何故か、背板の樹脂メッシュがホワイトだとブラックより1,000円以上安いのでそちらにしています。

 

座り心地はTRチェアの方が上?・・・